食物繊維と便秘

便秘の改善方法といえば、「繊維質のあるものを食べる」と思われる方もいると思いますが、食物繊維にも種類があることはなかなか知られていません。食物繊維は、「非水溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類にに分けられます。この二つの食物繊維は、それぞれ働きが違うので、自分の便秘の症状にあった摂り方をしないと、かえって症状を悪化させることもあるのです。 「非水溶性食物繊維」は、食品の水分を吸って膨らみ、腸壁を刺激して腸の蠕動運動(便を排出しようとする動き)を促します。 そのため「便の回数が少ない・お腹が張る」といった、腸機能の衰えによる便秘に効果があります。 「水溶性食物繊維」は、食品の水分を吸ってゲル状(ゼリーのような状態)にし、人体に好ましくない物質をそのまま便として排出させる働きがあります。

そのため、お腹はごろごろ言っているのに便が降りてこない。便秘と下痢を交互にする。 環境の変化(思春期・進学・就職・結婚など)がきっかけで便秘になったという人は「水溶性食物繊維」を多く摂りましょう。 このタイプの人は、「非水溶性食物繊維」を多く摂ると、腸が刺激されすぎて、蠕動運動がおこりにくくなってしまいます。

非水溶性食物繊維は、果物や野菜・海草類に多く含まれます。非水溶性食物繊維は、大豆や麦・とうもろこしなどに多く含まれます。自分のタイプにあった食品を選び正しく摂ることが、便秘を解消し、腸の環境を正常に保つ上で一番重要なのです。

◇PICK UP
子供からお年寄りまで、便秘改善のサポートが出来るオリゴ糖の通販サイトです・・・便秘 改善